FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオス便り第28回 ムアンロン、ムアンシン、シェンコック

9月10日にムアンロンに1泊し、ムアンロンから22km南西のシェンコックまで行ってきました。ムアンシンには多くの観光客が入っていますが、ムアンシンから17-B号線を南西に48km下ったムアンロンには観光客が入っていません。
ムアンシン、ムアンロンの両郡では、最近は中国向けバナナの栽培が急速に拡大しており、一部の水田までバナナ園に転換されています。ルアンナムター県では水田をバナナ園に転換することを禁止しているとのことでしたが、実際には、ムアンシン(シン郡)でも、ムアンロン(ロン郡)でも、かなりの水田がバナナ園に転換されているのを目にしました。バナナの栽培は中国業者が土地を農家からリースし、中国人の管理人がバナナ園の周辺に臨時の小屋を建てて住み込み直接管理しています。バナナの苗木の植え付け、収穫、その他、集中して労働力が必要な場合は地元の農民を雇用しますが、通常の管理は直接中国人の管理人が行なっています。

シェンコック1
シェンコック(ムアンロンから22km)、メコン川対岸はミャンマー。ゴールデントライアングルからメコン川の上流約100km。シェンコックでは毎月2回、対岸のミャンマーから商人がものを運んできて市が立つとのことです。

シェンコック2 シェンコック3
シェンコック

ムアンロン1
ムアンロンの町にある道路標識。ミャンマーとの国境(シェンコック)まで22km

ムアンロン2
ムアンロンの町にある道路標識。ムアンシンまで48km

ムアンロン3 ムアンロン4
ムアンロンの町の風景

ムアンロン5 ムアンロン6
ムアンロンの市場風景

ムアンロン7 ムアンロン8
ムアンロンで急速に拡大されている中国向けバナナ栽培

ムアンシン1 ムアンシン2
ムアンシンでも水田をバナナ園に転換して栽培されている
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

laosdayori

Author:laosdayori
 島崎一幸さんは1970年から3年間ビエンチャン郊外タゴンで青年海外協力隊の一員として農業指導に従事しました。その後、ラダワンさんという可愛いラオス女性と結婚して帰国。10年ほど前から再びラオスに戻って、コンサルタント会社を経営しています。

 農業開発が仕事の中心なので、島崎さんはラオス人もほとんど知らない深い山の奥のずいぶん辺鄙なところにまで入っています。そうした仕事現場での珍しい写真を発表してもらうことになりました。これこそ、誰も伝えたことのない本当のラオスです。

 なお、第25回までは出版社めこんのHP内ラオス便りに掲載。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。